一覧ハンドメイドシガー

ハンドメイドシガー リスト

キューバ産シガー
正式名称は、キューバ共和国(Republic of Cuba)。
カリブ海に浮かぶ島国で、その気候と文化、長年培われた人々の営みにより、高品質のシガーを生産し続けています。葉巻に馴染みが少なくとも、キューバ産、ハバナ(Havana)産シガーという呼び名は、聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。

BOLIVER(ボリバー)

BOLIVER(ボリバー) 1901年、ラテンアメリカの解放運動の指導者シモン・ボリバーに敬意を表して発表されたブランド。 肥沃な赤土からの恵みをふんだんに吸収した葉は、重厚で甘みのあるアロマを持ちつつスパイス感の強い独特のテイスト。 アフターディナーの強いアルコールが似合うような、たくましい味わいをもつブランドです。

COHIBA(コイーバ)

COHIBA(コイーバ) 1968年に製品化されて以来10数年間、カストロ首相やその政府高官およびキューバ政府のV.I.P.達だけのシークレットシガーとされ、一般市場に向けて発売されるまでの間は、幻のシガーと呼ばれてた。 キューバにおける最も肥沃な土壌で育った最高級の葉のみを使用。 そして最高の腕を持つ職人だけが巻くことを許される品。

CUABA(クアバ)

CUABA(クアバ) 1996年より発祥の若いブランドでありながら、丁寧に熟成されたその味わいと、両端が尖った形に巻き上げられるトルペドシェイプは、古き良きキューバシガーの伝統を感じさせてくれます。

DIPLOMATICOS(ディプロマティコス))

DIPLOMATICOS(ディプロマティコス) モンテクリストのセカンドラインとして1966年に発表されたブランド。 手巻き製法にこだわった本格派ハバナシガーで、シェイプ毎の絶妙な味わいを楽しめる。 シリーズのネーミングもモンテクリスト同様に、特定の名前を持たせずナンバーによってわけられる。 ナッツを思わせる喫感と、ミディアムボディの味わいが多くの愛煙家に親しまれています。

EL REY DEL MUNDO(エルレイデルムンド)

EL REY DEL MUNDO(エルレイデルムンド) 「The King of World」と名付けられたレイデルムンドは、1800年代に発表されたオールドブランドに数えられる名品。 軽妙でいながら豊かなハーブ系のアロマを持ち、シガー愛好家が感じ取ることのできる甘さが絶妙で、ライトなフレーバーはビギナーにもおすすめ。 シングルモルトと言った高品質なアルコールがベストマッチ。

FONSECA(フォンセカ)

FONSECA(フォンセカ) F.E.フォンセカ氏により生み出されたフォンセカブランドのシガーには昔ながらの包装が施され、各1本ずつに白い薄紙が巻かれている。 ハバナシガーの中でも軽い味わいを持つブランドで、上品でソフトな癖のない風味はビギナーから愛好家まで幅広く愛されています。

GUANTANAMERA(グアンタナメラ)

GUANTANAMERA(グアンタナメラ) 比較的新しいキューバのブランド。機械巻きのシガー。まろやかでライトな味わいを楽しめる。手軽な価格帯も魅力

H.UPMANN(アップマン)

H.UPMANN(アップマン) 1844年にイギリス人の銀行家ハーマン・アップマン氏に手がけられ発表されたオールドブランドの1つ。 かのジョン・F・ケネディ大統領の愛用した葉巻の1つとして有名。 ハバナシガーの伝統的なブレンドを現在に伝える数少ないブランドの1つと言われ、甘さがあり、土を感じさせるような懐かしいアロマと杉の香りが調和する深い味わいを愉しむことができる。

LA FLOR DE CANO(ラ・フロー・デ・カノ))

LA FLOR DE CANO(ラ・フロー・デ・カノ) 1800年代後半にトマスとホセのカノ・ブラザースが「J.CANO」と言う小さな会社を 設立したのが始まりと言われているブランド。 生産量が比較的少ない高品質なシガーとして、その特徴あるソフトなアロマと共に広く知られている。 口当たりがやわらかく、控えめなスパイス感とわずかな甘さを持つ、ライトブレンドのマイルドシガーとしてビギナーや女性にもおすすめ。

HOYO DE MONTERREY(ホヨー ド モントレィ)

HOYO DE MONTERREY(ホヨー ド モントレィ) 1860年代、ヴェルタ・アバホのサンファン・イ・マルティネスに農園を持つホセ・ヘネール氏によって発表される。 その後世界各地で数々の賞を受賞し、世界中にその名が広められた。 テイストは繊細で微妙、そして比類なき柔らかなアロマが愛好家達の絶大なる支持を得ている。 そのライトなブレンドは、ビギナーや女性にもおすすめ。

MONTECRISTO(モンテクリスト)

MONTECRISTO(モンテクリスト) 世界で最もポピュラーなハバナシガーのブランド。 1935年にH.アップマン・シリーズのセカンドラベルとして発表。 モンテクリストのブランド名は仏文豪アレクサンドル・デュマの作品の「モンテクリスト伯」に由来している。 そのテイストは、シンプルで癖がなく、木や土を感じさせるようなアロマの中に、はっきりとした甘さを含んでいる。ビギナーから愛好家まで幅広いファンを持つ秀作。

PARTAGAS(パルタガス)

PARTAGAS(パルタガス) 1845年に発表され、ハバナシガーを最も多く生産する工場であるパルタガス・ファクトリーの象徴的ブランド。 さまざまなタイプのシガーがラインナップされ、伝統的なブレンドによって引き出される味わいは、スパイスが強く、豊かで強力なアロマを持つキューバ葉の魅力が十分に発揮されたテイスト。 本物志向の愛煙家の方にお勧めしたいブランド。

POR LARRANAGA(ポールララナーガ)

POR LARRANAGA(ポールララナーガ) 1934年から続く歴史の最も長いブランドの一つ。一時期その生産体制を縮小するも、現在、再度広く輸出されるまでになる根強い人気のあるブランド。ミディアム~フルボディ、ほのかな甘味を楽しめるラインナップが特徴。

PUNCH(パンチ)

PUNCH(パンチ) 19世紀中頃のシガーのゴールデンエイジとも呼ばれるほど数々のニューブランドが発表された時期にその先駆けとして1840年にマニュエル・ロペス氏により登録され、現在もトップブランドとしての地位を守りつづけている。 独特のスパイスが効いた甘いアロマが特徴のミディアム・テイスト。 同じサイズでも絶妙にブレンドを変える技術が、多くの愛好家の支持を得ています。

QUINTERO(キンテロ)

QUINTERO(キンテロ) 1920年代にオーグステ・キンテロ氏によって設立されたブランド。 キューバ・レメディオス地域で育まれた技術とクオリティは、今や多くの愛好家達に知られ親しまれています。

RAFAEL GONZALEZ(ラファエロゴンザレス)

RAFAEL GONZALEZ(ラファエロゴンザレス) スペイン大公にその名を由来し、キューバにおいて最高の葉を産出する地域ヴェルタ・アバホから厳選された良質の葉と秘伝のブレンドで仕上げられたブランド。 リッチで蜂蜜を髣髴させる甘みのあるアロマは、伝統的なハバナシガーの味わいを知る愛好家の間では貴重な存在として扱われている。

RAMON ALLONES(ラモン アロネス)

RAMON ALLONES(ラモン アロネス) 1845年にラモン・アロネス氏によって作られ、以来長く愛され続けるキューバオールドブランドの一つ。 昔ながらの製法で巻き上げられるラモンアロネスは、繊細で深い味わいを楽しめ、かつ高い品質を約束する。

ROMEO Y JULIETA(ロメオ ジュリエッタ)

ROMEO Y JULIETA(ロメオ ジュリエッタ) 1875年にオリジナルが発表されて以来世界各地で幾つもの栄誉ある賞を受賞。 今世紀を代表する政治家ウインストン・チャーチルが愛用していた事は有名。現在最も人気のあるシガーの1つに挙げられます。 比較的愉しみやすいものから、重厚で吸い応えのあるものまでラインナップは豊富で、ビギナーから愛好家までおすすめ。

SAINT LUIS REY(サン ルイ レイ)

SAINT LUIS REY(サン ルイ レイ) キューバの中でもひときわ美しいヴェルタ・アバホのサンルイエリアにある広大な農園で育まれた華やかなアロマを持つ葉で生産される。 ビギナーにもおすすめできるライトブレンドながら、味わいは豊かで広がりがあり、甘さとスパイスのバランスがすばらしい逸品。

SAN CHRISTOBAL DE LA HABANA(サンクリストバル)

SAN CHRISTOBAL DE LA HABANA(サンクリストバル) 1999年、新世紀とハバナの歴史を祝って発表されたニューブランド。 キューバ産ながら比較的ライトな口あたりと、豊かでコクのある喫味は、初心者はもちろ愛煙家達をも満足させるに足る完成度です。

SANCHO PANZA(サンチョパンツァ)

SANCHO PANZA(サンチョパンツァ) キューバにおけるオールドブランドの1つ。 スペインをはじめイギリスなどヨーロッパでは、その生産量が少なく、確かな製法から生み出されたシガーとして高い評価を得ている。 きわめてエレガントともいえるソフトでわずかに甘いアロマをもち、ひと時のリラクゼーションには最適と言えるでしょう。

TRINIDAD(トリニダット)

TRINIDAD(トリニダット) コイーバが一般市場発売後に製品化されたブランド。 コイーバと同様、暫くの間は政府専用のシガーとしてのみ生産され、その後1998年に一般市場にて発売されるようになる。 キューバ最高の葉たばこ生産地ヴェルタ・アバホで収穫された葉を、コイーバの生産工場エル・ラギートで仕上げた究極の品。

VEGUEROS(ヴェグエロス)

VEGUEROS(ヴェグエロス) ヴェグエロスとはキューバの葉巻用に使われる高品質な葉を育てるグロウワーを表すスペイン語で、 カナダをはじめとする世界のシガーマーケットで注目を集めるブランド。 ハーブ系のフレッシュな香りの中に、僅かなやわらかい甘さが感じられます。

VEGAS ROBINA(ベガスロバイナ)

VEGAS ROBINA(ベガスロバイナ) キューバ島西部の最高級はたばこ生産地ヴェルタ・アバホで優れた葉を育てるドン・アレハンドロ・ロバイナ氏のロバイナ農園で生まれた贅沢なニューブランド。 年輪を重ねた木を思わせるような豊かで落ち着いたアロマ、やさしくソフトな甘さのリッチなフルフレーバー。 ロバイナ家に代々受け継がれる葉巻作りへのこだわりと伝統を感じさせる名品。

ドミニカ共和国産シガー
正式名称は、ドミニカ共和国(Dominican Republic)。
現在では品質・生産量共にキューバにひけをとらないとまでになった、シガーの代表的な生産地のひとつです。

Avo(アヴォ)

Avo(アヴォ) アヴォは、1926年にベイルートの著名な音楽家の家系に生まれ、イラン国王宮廷ピアニストにまで就任した音楽家。 アヴォいわく「音楽とシガーは完全なるハーモニー」。 1988年、アヴォのシガーに傾ける情熱がニューヨークでアヴォシガーとなる。 ドミニカの最高級葉タバコ産地、サンチアゴのシバオ・バレー産シガーリーフを 熟達したトルセドール(巻き上げ職人)が、その匠の技エッチョアマノ(手作り)で アヴォシガーを完成させる。

ARTURO FUENTE (アルトゥーロ・フエンテ)

ARTURO FUENTE (アルトゥーロ・フエンテ) 4世代に渡り、シガー製造ビジネスに従事してきた1912年創業の由緒あるブランド。シガー製造数量、世界第1位として有名なドミニカ共和国に拠点を置く。同国では、最大手のシガーブランドとして君臨、アメリカシガー市場を始め、世界的認知度が非常に高いブランド。

La Auroa(オーロラ)

La Auroa(オーロラ) 1903年創業、ドミニカ共和国の葉巻の中で最も古い歴史を持っているシガーファクトリーのLa Auroa(オーロラ)社です。

Davidoff(ダビドフ)

Davidoff(ダビドフ) 今世紀のシガー文化に、最も偉大な功績を残したジーノ・ダビドフのメインブランド。 ドミニカ葉のもつ優れた特性を活かす完璧な生産体制と、世界中に広がる販売網を完成させたトップブランド。 様々なサイズとブレンドの妙はシガー初心者や女性にも人気が有り、 また愛好者の視覚、味覚、臭覚 を満足させるに足る。 今日のドミニカンシガーの繁栄も、このブランドの力と言っても過言ではないでしょう。

MAKER’S MARK(メーカーズ マーク)

MAKER’S MARK(メーカーズ マーク) プレミアム・シガーの芳醇な香りとバーボン・ウィスキー独自のまろやかで深みのある味わいとの絶妙なコンビネーションが愉しめるユニークな逸品。 ドミニカ産のキューバ種葉タバコをフィラー、バインダーに使用し、ラッパーには 厳選したスマトラ産の葉を贅沢に使用。 一本一本が強化ガラスチューブに封入され、バーボン“メーカーズ・マーク”と 同じ手法で封蝋されている。

PRINCIPES(プリンシペ)

PRINCIPES(プリンシペ) マイルドで吸いやすい味わい。 お手軽に楽しめる価格帯も魅力です。

PRIVATE STOC(プライベートストック)

PRIVATE STOC(プライベートストック) 世界の良質な葉タバコ産地のひとつ、ドミニカ・シバオ・バレーで育まれた、様々なタイプのシガー・リーフで構成されたハンドロールド・シガー。 ドミニカ産の良質葉タバコをあえて等級付けをしないというコンセプトから生まれた。 安価でありながら、シガー愛好家の本来のエンジョイメントである意外性を遺憾なく 発揮させるリーズナブルな優良品。ミディアムフィラー

THE GRIFFIN'S(グリフィンズ)

THE GRIFFIN'S(グリフィンズ) ジーノ・ダヴィドフを師事したバーナード・グロベットによって考案された、コネチカット・ラッパーを巧みに巻き上げた葉巻。 コネチカット・ラッパーとドミニカン・フィラーのもつ軽妙な風味が適度にミックスし高い完成度を実現。 親しみやすい価格も魅力のひとつです。

TOKI(トキ)

TOKI(トキ) 国産在来種の煙草をブレンドに使用した、日本プロデュースのシガー。 日本人の嗜好にあわせた、マイルドながら味わい深い煙を楽しめるブランド。

VEGAFINA(ベガフィナ)

VEGAFINA(ベガフィナ) アメリカやヨーロッパでは非常にポピュラーなシガー。 厳選されたドミニカ、エクアドル、ホンジュラスのタバコ葉を使用しとても風味豊かな味わい。 全体としてスムース&マイルドな煙とドミニカ産ブランドの丁寧な仕上げと、価格も魅力です。

ZINO PLATINUM(ジノ プラチナム)

ZINO PLATINUM(ジノ プラチナム) Zinoのハイクラスシリーズ。リッチな芳醇と、豊かな味わいが楽しめるシガーライン。 ブラックの缶(ボックス購入時)や、銀色のチューブに収められたその姿と、プラチナ色に輝くシガーリングが特徴的。

dunhill AGED

dunhill AGED ダンヒルの新シリーズ、AGEDはドミニカンフィラー、コネチカットラッパーで巻き上げられるマイルドな味わいのシリーズ。

Gulllermo Leon(ギレルモ・レオン)

Gulllermo Leon(ギレルモ・レオン) ギレルモ・レオンはオーロラ社のブランドオーナーGulllermo Leonのシグネチャーブランド。ダブルバインダーを使用したフルフレーバーの力い強い喫味が特徴です。

Dondiego(ドンディエゴ)

Dondiego(ドンディエゴ) 1964年にスペイン領土であったカナリア諸島でスタートしたブランド。アルタディスUSAとしてドミニカ共和国に移転した。2001年に商品展開が見直され、メキシコマデュロなど一部販売中止となり、現在はモンテクリストと同じ工場で、葉巻ブレンダーホセ・セイハス氏監督のもと生産されている。ライト、ミディアムボディで親しみやすい味わいが特徴です。

MACANUDO(マカーヌード)

MACANUDO(マカーヌード) 1868年にジャマイカで誕生し、世界中の愛煙家の間で最もポピュラーなシガーの一つ。アメリカではプレミアムシガーにおける売上No.1を記録。 元々はジャマイカのブランドだが、現在はドミニカ産が主流。 ジャマイカ、ドミニカ、メキシコのフィラーにメキシコのバインダー、コネティカットのラッパーを使用しています。

ニカラグア産シガー
正式名称はニカラグア共和国(Republic of Nicaragua )。
ホンデュラスの南に位置し、中南米の中で広い国土をもつ国です。キューバやドミニカから、このニカラグアに拠点を移し葉巻を生産する業者も多く、近年では人気のあるシガーも多数販売されています。

BLICK HOUSE(ブリックハウス)

BLICK HOUSE(ブリックハウス) 1885年に設立されたアメリカでも最も古いプレミアムシガーメーカーのJ.C.ニューマンシガーカンパニーの初期ブランド。20世紀前半にキューバ産ハバナ葉を用いたシガーとして手掛けられ、2009年からはニカラグア産の葉を用いて復活。米国シガー雑誌を始め今も高評価を得ている人気ブランド。

CHINCHALERO(チンチャレロ)

CHINCHALERO(チンチャレロ) その昔、キューバの小さな葉巻農家はスペイン語で「チンチャル」と呼ばれ、彼らの自家製葉巻は「チンチャレロ」と呼ばれていました。現在の「チンチャレロ」ブランドは、ノーカットのロングフィラーを使い、完全手巻きという製法もそのままに、ホライゾンシガー社より製造されるニカラグア産葉巻です。

DON DUARTE(ドン・トゥアルテ)

DON DUARTE(ドン・トゥアルテ) シガーブレンダー暦65年、H.UPMANN工場で活躍した伝説のキューバ出身マスターブレンダー、Evelio Oviedo氏によるバランスのとれた傑作シリーズ。

DUNHILL(ダンヒル)

DUNHILL(ダンヒル) The Signed Rangeは高いレベルで安定した品質を提供し続けるダンヒルによる、高品質シリーズ。 ラッパーは美しい外見と芳醇な味兼ね備えたコネチカット種、エクアドル産。

La Rica(ラ・リカ)

La Rica(ラ・リカ) ラ・リカとは「ザ・リッチ」を意味するスペイン語。 ニカラグアの有名なブレンダー、フィデル・オリバス氏のレシピに基づいて、熟練したローラーが巻き上げているプレミアムシガーです。

QUORUM(クオラム)

QUORUM(クオラム) ニカラグア産シガーのクオラム 高いレベルで品質が安定した、信頼できるハンドメイドシガーシリーズ。

ROBERTO P DURAN(ロベルト・P・デュラン)

ROBERTO P DURAN(
ロベルト・P・デュラン) キューバのみならず、世界40カ国で20年以上にわたり、シガービジネスに携わったロベルトロベルト・P・デュランのプロデュースシガー。オールドキューバの伝統的な製法を用いたニクアガラ産のシガーブランド。 最高品質のニカラグア産フィラーに、バインダーにはラテンアメリカの上質なたばこ葉を使用。ラッパーにはエクアドルの自社の農園で育てた高級葉が使用された逸品。

Licenciados(リセンシアードス)

Licenciados(リセンシアードス) ニカラグアの首都エステリの郊外に広がるコンデガ地区は、ハバナ苗種の中でも、ハバナ2000 のラッパー用タバコ葉の生産地として、現地で有名です。その地域の小さな家族経営の工場で製造されています。 キャラメル・コーヒーの香りとスパイシーさを絶妙なバランスで表現し、ミディアムボディーの喫味としては、シガー専門雑誌「シガーアフィショナード」でもノン・キューバンシガーの中でトップクラスの93 点という高い評価を得ているシガーです。

PADRON(パドロン)

PADRON(パドロン) 初代ホセ・オーランド・パドロンが創業。キューバで葉巻に携わってきたパドロンファミリーがこだわりを持って作った高品質ブレンドシガー。近年アメリカの有名葉巻雑誌「Cigar Aficionado」で世界一の葉巻に選ばれ、常に上位にランクイン。造品対策の為、1本1本シリアルナンバーが入っている。

JOYA DE NICARAGUA(ホヤ・デ・ニカラグア)

JOYA DE NICARAGUA(ホヤ・デ・ニカラグア) 1968年創業のニカラグア初のプレミアムシガーブランド 。「ホヤデニカラグア」は、スペイン語で「ニカラグアの宝」という意味。 1970年代にはその質の高さから米国ホワイトハウスの来客用シガーとしても愛煙されました。2002年には「アンターニョ」シリーズが登場 し、70年代のブレンドを完全に再現したシガーとして再び人気を集めています。

ホンジュラス産シガー
正式名称は、ホンジュラス共和国(Republic of Honduras)。
グアテマラ、ニカラグアなどの国と隣接する、中南米北部(中央アメリカ)の国です。 ドミニカに次ぐシガーの生産量があり、且つキューバ産の葉に似た深い味わいを楽しむ事が出来ると言われる程のクオリティを持っています。

CAMACHO (カマチョ)

CAMACHO (カマチョ) 1997年にホンジュラスの東部境界に位置するJamastran Valleyにおいて栽培された葉を使用した葉巻Camacho Corojo。第一世代のCorojo種を使用し、フィラー、バインダー、ラッパーすべてCorojo葉から作られていました。 現在では、そのCorojoを中心として様々なバリエーション、ブレンドも販売されています。

ESENCIA DEL CARIBE(エセンシア・デ・カリブ)

ESENCIA DEL CARIBE (エセンシア・デ・カリブ) エセンシア・デ・カリブは Compania Hondurena de Tabacos 社のブランドです。深みのある味わいが特徴で、本格派のショートフィラーのプラミアムシガーをお楽しみいただけます。

DUNHILL HERITAGE(ダンヒル ヘリテイジ)

DUNHILL HERITAGE(ダンヒル ヘリテイジ) ダンヒルヘリテイジはダンヒルの華々しい受賞歴と長い歴史を継承し作られた新ラインです。ダンヒルのマスターブレンドによって特別にブレンドされたヘリテイジはフルボディで変化に富み、キューバ時代のダンヒルシガーを彷彿させる味わいに仕上がっています。

FLOR DE COPAN(フロール デ コパン)

FLOR DE COPAN(フロール デ コパン) フロール・デ・コパンのルーツは遥かマヤ文明にまで遡る。幾世紀にも渡って技術を継承し、現在はホンジュラスのサンタ・ローザ・ド・コパンにある工場で創られている。エクアドル産コネチカット・ラッパーとホンジュラス産バインダーを使用。 バランスのとれた吸いやすいシガー。西洋杉の木片で一本ずつ丁寧にラッピングされている。フルール・デ・コパンはドイツで開かれた第30回トレードフェアで年間最優秀シガーに輝いた。

FLOR DE SELVA(フロール デ セルバ)

FLOR DE SELVA(フロール デ セルバ) 色の濃い外観、ミディアムボディの味わい、そして贅沢な中にあるエレガンス。 これらはフロール・デ・セルバならではの財産です。ホンジュラス産の葉たばこから全てハンドロールで創られています。

PLACERES RESERVA(プラセレス・レゼルバ)

PLACERES RESERVA(プラセレス・レゼルバ) プラセレス・レゼルバはCompania Hondurena de Tabacos 社のブランドです。魅力的なボックスプレスシェイプが特徴です。適度な甘みと苦みのバランスのとれたしっかりとした味わいのマイルドボディをお愉しみいただけます。

MIRO(ミロ)

MIRO(ミロ) ミロはホンデュラスの Compania Hondurena de Tabacos 社のブランド。時間をかけて発酵させれたタバコは、独特の香りと、その深みが熟成したテイスト。 スマトララッパー、ニカラグアバインダー、そしてニカラグア×ホンジュラスフィルターの完璧なコンビネーションのフルボディのシガーです。

MACANUDO(マカヌード)

MACANUDO(マカヌード) ジャマイカを発祥としておよそ150年の歴史をもつシガー。2014年欧州で発売を開始したInspiradoシリーズは風味が強くなりすぎないマイルドな熟成リーフを使用。こげ茶が強いコロラドと呼ばれる美しくなめらかなラッパーは余分な葉脈は取り除かれており繊細で高度な技術を想起させられます。

DONTOMAS CLASICO(ドン トーマス クラシコ)

DNOTOMAS CLASICO(ドン トーマス クラシコ) ドントーマス クラシコは1972年からホンジュラスのダンリにあるセントロ・アメリカン・シガーズ葉巻工場で生産されている。伝統的なハンドメイドの良さを活かしたドントーマスのシガーは、高い品質とリーブナブルなプライスで今日のプレミアムシガーの世界で価値ある葉巻のひとつとされています。

その他の国産シガー
メキシコ産:メキシコ産の葉巻は比較的リーズナブルながらも、まろやかで風味の豊かなシガーが多く生産されています。

インドネシア産:インドネシアは上質な土と恵まれた気候で、タバコ生産において非常に適した環境で育てられたタバコ葉を世界中に輸出しています。

フィリピン産:フィリピンは古くからハバナに次ぐ葉巻の産地で、世界中で楽しまれるマイルドで甘みのあるリズーナブルなタバコを提供しています。

Fiony(フィオニー)

Fiony(フィオニー) 1918年創業のインドネシアのタバコ工場と共同で開発した日本のタバコ会社のオリジナルシガーです。 100%インドネシア産のタバコ葉を使用しており、香ばしく、甘い味わいが特徴です。 休日のお昼や、カフェでの一時にコーヒーと合わせてお楽しみ下さい。また親しみやすい、クセのない味わいですので、初めて葉巻を吸われる方にもおすすめの商品です。  インドネシア産

TE-AMO(ティアモ)

TE-AMO(ティアモ) ティアモはリーズナブルながら、高品質のハンドメイド・シガーとして世界有数の知名度をもつブランド。 ベラクルス州南東部に位置する、サンアンドレスバレーで栽培、収穫、ローリングまで一環して行われます。 メキシコ産

ANTONIO GIMENEZ (アントニオ・ヒメネス)

ANTONIO GIMENEZ (アントニオ・ヒメネス) ANTONIO GIMENEZはフィリピンのTABAQUERIA DE FILIPINAS社による葉巻です。 マニラは古くからハバナに次ぐ葉巻産地で、リズーナブルで日常的に楽しめる葉巻を全世界に提供しています。 良質な東南アジア葉を使用したプレミアムシガーはマイルドでほのかな甘さが特徴です。 フィリピン産

TABACALERA (タバカレラ)

TABACALERA (タバカレラ) サー・ウインストン・チャーチルが愛用した葉巻として有名なマニラシガー。葉巻の二大産地として世界的に有名だったマニラを代表するブランド。葉巻作りの良さは評定がある。製造最終段階での真空装置による、たばこビートルの完全除去は他社にはないユニークなものだ。

ハンドメイドシガー