Home > 葉巻・シガー > シガー・コラム > キューバ・シガーの流通と製品表示

キューバ・シガーの流通と製品表示

Habanos S.A. について

cigar_habanossa01.jpg

キューバ・シガーの収められている箱の裏には、必ず「Habanos S.A.」という表記がなされています。
S.A.はSociedad Anonima(スペイン語で株式会社)の略語ですので、現在(※1)の正規流通品=キューバ産業葉巻株式会社の製品である、という証明という事になります。

※1
1994年にHabanos S.A.設立される以前は、キューバ革命の後タバコ産業が国営化されていく過渡期である1962年にCubatabaco公社が設立され、国内外のタバコ製品の流通を管理していました。
また、2000年にはTavaCubaというホールディング会社が生まれ、原料生産、シガレット/葉巻の製造、販売流通にかかわる各企業がこれに帰属するようになりました。

1999年にはこのHabanos S.Aの株式の50%をフランス/スペイングループのAltadis社が取得しています。
以後、より効率化し管理された体制で安定供給されるようになり、キューバの葉巻輸出数量は2001の時点で1億5千万本を超えるにいたりました。
25本入りのボックスで換算すると6百万箱にも上ります。

Habanos S.A.がキューバ葉巻きを輸出するにあたっては、通常1国1社を基本としていますが、
日本の場合は、香港のパシフィック・シガー・カンパニー(※2)から輸入代理としてインターコンチネンタル商事に入荷、その販売代理店として、(株)シガークラブ、および(株)フカシロが営業をしています。

※2
日本の他、香港、シンガポール、フィリピン、マレーシア、オーストラリア、ニュー時ランド、インドネシア、フィジー、ブルネイ、パプアニューギニア、スリランカ、バングラディッシュ、タイ、カンボジア、韓国、台湾、ベトナムといった、極東地域を管理しています。


キューバ・シガーの製品表示

cigar_habanossa02.jpg

木箱に入ったキューバ・シガーの裏には、左の写真のような表記がされています。
位置関係や多少の違いはあるものの、大まかには下記のようになっています。

  • Havanos S.A.のロゴ
  • キューバ製を意味する Hecho EN CUBAのマーク
  • 製造方法 Totalmente a manoとあれば、総手巻き。
    ※TCと追記があればTripa Cortaの略でショートフィラーの手巻き
  • 工場を示す、シークレッドコード(左の写真ではSTL、TBS、EMAなど)
  • 製造月スペイン語表記 + 製造年

そのほかに、代理店や販売店のチェック印や製造段階での手書きの書き込みなども入っている事があります。

普段中々見ない、シガーの箱の裏。
もしかしたら近年中にバーコードなどに取って代わってしまう日がくるのかもしれません(?)が、ちょっとした知識として覚えておくと、面白いかもしれません。

※kagayaでは、製造年や工場の指名買いなどは一切承っておりません。予めご了承ください。

Kagaya K.Y

2008/10/26 | Comments (0) |

この記事へコメントする

これまで、当ページでコメントを行ったことが無い場合、コメントを表示する前に管理者の承認が必要になる場合があります。また、承認されるまではコメントは表示されません。
当コメント欄でのご質問・お問い合わせも承っておりますが、詳細な内容についてはこちらからお問い合わせいただければ、より迅速にご返答いたします。


Topic

kagaya 新宿店

東京都新宿区新宿3-17-7
紀伊国屋ビル1階
TEL:03-3352-3689
営業:10:30~20:00

kagaya 2nd

東京都新宿区新宿3-17-7
※kagaya新宿店 目の前
TEL:03-6273-2164
営業:10:30~20:00

新宿店 & 2nd詳細

タバコフォンテ(姉妹店)

神奈川県横須賀市本町2-1-12
ショッパーズプラザ横須賀2F
TEL:046-821-2247
営業時間:9:00~21:00

タバコフォンテ詳細

kagaya オンラインショップ

kagaya オンラインショップへ ボタン

葉巻、パイプ、手巻き煙草などkagayaでお取扱いの商品をオンラインで購入できます。

オンラインショップへ