Home > パイプ > パイプ・ブランド > Peterson(ピーターソン)

Peterson(ピーターソン)

photo_peterson.gif

1875年 アイルランドダブリン市に、ドイツのニュールンベルグから移民してきたカップ兄弟(フリードリッヒ、ハインリッヒ)が開いた、たばこ店を起源とし、3年後の1878年に、ラトビア出身のパイプ職人であるチャールズ・ピーターソンを招きパイプ作りを始めます。

その後、1890年、パイプ内部にジュースを溜め込むスペースを設けた「ピーターソン・システム」を持つパイプが初めて発売され、同時に社名もカップ・アンド・ピーターソン社と改められました。

誰でも、いつでも、おいしく煙草を味わえるようにと、工夫が凝らされたピーターソンパイプ。
その実用的な機能に基づいた独特のデザインは、多くの愛煙家から根強い人気と信頼を得ています。
また、「ジュースが気になる」「舌がひりひりする」など、まだうまくパイプ煙草を味わえないというビギナーの方にもお勧めしたいパイプです。パイプ煙草の味わいと、楽しさを発見するのにも最適のパイプと言えるでしょう。

photo_peterson01.gif

ピーターソン・システム

photo_peterson03.jpg

パイプでの喫煙に慣れないうちは、ジュースを口元まで吸い込んでしまい(文字通り)苦い経験する方も多いのではないでしょうか。
ピーターソンが1890年特許を取得したパイプ構造は煙道内に設けられたくぼみに、喫煙時に発生するジュース(煙草の香料や水分)が溜まり、マウスピースに吸い込こまないように作られています。

※ジュース溜りは、あくまで喫煙時にジュースを一時的に溜めておく為のものです。喫煙後のメンテナンス時には、必ず溜まったジュースを掃除してください。

アルミ・フィルター

photo_peterson04.jpg

アルミのフィルターを煙が通る事で、よりクールでマイルドな味わいを感じる事ができます。
取り外し可能ですので、使用しなくても問題ありません。※一部製品には付属していていません。

アーミーマウント&テーパー・マウス

シャンク側に銀(スタンダード・モデルはニッケル)を巻く事でシャンクの破損を防ぎます。
また、テーパー型(一方が徐々に細くなっている形)に作った太いマウスピースにより、ダボの折れや、ひび入りなど破損の可能性を軽減しました。

photo_peterson02.jpg

Peterson(ピーターソン)
本社:アイルランド
web URL: http://www.peterson.ie/

この商品の購入ページへ

2006/07/30 | Comments (0) |

この記事へコメントする

これまで、当ページでコメントを行ったことが無い場合、コメントを表示する前に管理者の承認が必要になる場合があります。また、承認されるまではコメントは表示されません。
当コメント欄でのご質問・お問い合わせも承っておりますが、詳細な内容についてはこちらからお問い合わせいただければ、より迅速にご返答いたします。


Topic

kagaya 新宿店

東京都新宿区新宿3-17-7
紀伊国屋ビル1階
TEL:03-3352-3689
営業:10:30~20:00

kagaya 2nd

東京都新宿区新宿3-17-7
※kagaya新宿店 目の前
TEL:03-6273-2164
営業:10:30~20:00

新宿店 & 2nd詳細

タバコフォンテ(姉妹店)

神奈川県横須賀市本町2-1-12
ショッパーズプラザ横須賀2F
TEL:046-821-2247
営業時間:9:00~21:00

タバコフォンテ詳細

kagaya オンラインショップ

kagaya オンラインショップへ ボタン

葉巻、パイプ、手巻き煙草などkagayaでお取扱いの商品をオンラインで購入できます。

オンラインショップへ